8/24 (Fri) @ 幸市民館大会議室

8月最後の金曜日練習では、フェリックス・メンデルスゾーンが15歳の時に作曲した’Overture for Band’「吹奏楽のための序曲 ハ長調 Op.24(1824年)」を練習しました。クラシックの格調高く美しい上品なメロディー。19世紀ローマン派の巨匠による吹奏楽のための数少ない楽曲の一つです。音の立ち上がり、ハーモーニーのバランスなどに配慮し、あくまで楽譜に忠実に演奏するよう、今回もご指導いただきました。
定期演奏会まで、基本を見直す時間はあるようです。
………………..
August 28, 2015 / Saiwai Cultural Center
We played ‘Overture for Band, Op.24’ composed by Felix Mendelssohn at the last Friday rehearsal in August, 2015. He composed it when he was only fifteen years old. It is one of the few concert works for band written by a major nineteenth century romantic maestro and demonstrates grace and beautiful characteristics of classic music. The rehearsal reminded us of the importance of the basics of music again: attacks, harmony balance and reading music scores exactly.
We have plenty of time to return to the basics.

広告
カテゴリー: practice パーマリンク